‘家族会’ カテゴリーのアーカイブ

家族会研修会

2017 年 11 月 28 日 火曜日

11月23日(木・祝日)、ふじみ野にて三和会家族会研修会を行いました。
「災害から身を守る」をテーマに、群馬大学大学院理工学府准教授 金井昌信氏をお迎えし、ご講義いただきました。金井氏には9月にエルシーヌ藤ヶ丘にて職員向けの講習会の場でもご登壇いただいているので、法人としては2回目のお迎えとなりました。


講義では、「災害について他人事として考えるのではなく、ぜひ一度自分の事として真剣に考える機会を作ってほしい。現在の防災対策は、被災後や避難後の事態への備えに主眼がおかれているが、まず『命を守るための対策』も考えてみてほしい。」といったお話がありました。
群馬県内の過去の災害事例や現状に基づきながらの講義だったため、参加者にとってイメージもしやすく、非常に有意義な時間になりました。
「災害はいつどこで起こるか分からない」ということを心に刻み、いざ災害が起きた時に命を守ることができるよう、寝室に大きな家具はないか?自宅や職場の近くに山や川はないか?どのようにしたら適切に避難できるか?…など、自分の事として考えてみたいと思います。

img_63974img_64022img_64041img_6416



















今後も三和会では避難訓練や研修会などの場を利用し、利用者・ご家族・職員の防災意識を高めるための取り組みを積極的に行っていきたいと考えております。また機会がありましたら、HP内でもご紹介させていただきます。


〇災害情報関連サイト(外部リンク)
・群馬県 洪水ハザードマップ
http://www.pref.gunma.jp/06/h4010077.html
・群馬県 水位雨量情報システム
http://www.uryou-gunma.jp/gunma/top/10/1_0_1_0.html

災害備蓄品の寄附

2017 年 2 月 14 日 火曜日

エルシーヌ藤ヶ丘です。
両毛ヤクルト販売(株)様より、災害備蓄品(簡易トイレ・非常食)の物品寄附をいただきました。 ありがとうございました。

e5af84e99984e789a9e593813

 

 

いつ、どこで発生するか分からない災害の為に日頃からの備えと、避難訓練は重要とされています。

 

三和会では災害時支援の対策として「三和会災害支援ネットワークシステム」を立ち上げることとなりました。

在宅で生活する障がいをもつ皆様から、災害時の避難の有り様について不安の声が上がっており、家族会にてその解決策について協議を進めて参りました。 法人としても協議を重ね、前述の支援システムを構築させる運びとなりました。
地域で生活する三和会利用者様、ご家族様が災害によって被災した場合にも、安心・安全な生活が送れるよう避難先として三和会事業所を開放し、必要な物資・支援の提供が受けられるように体制の整備を進めております。

 

今後も法人、家族会で協力の上でより良いシステム構築を整備していきたいと思います。

家族会研修会(ロコモ体操)

2013 年 11 月 8 日 金曜日

112()に家族会研修が開催されました。講師に見供洋子先生を迎え、椅子に座ったまま出来る『ロコモ体操』をご指導していただきました。

pb020020

 

初めは見供先生の真似をしながら小さなバランスボールを使用して体を伸ばしたり、腕を上下に動かしたりと動いていましたが、慣れてくるとダイナミックな動きも出てきたりと皆さん真剣に取り組んでいました。肌寒い天候でしたが、ロコモ体操をしている内に徐々に体も心もポカポカ温まりました。

 

pb0200404研修会後半は全員で輪になってゲームを行いましたが、頭と体を使ったゲームで思うように動けず、悪戦苦闘しながらも皆さんで声を掛け合いながら楽しいひと時を過ごす事が出来ました。

 

 

 

 

講師の見供先生、ご参加いただきましたご家族の皆様 ありがとうございました。

お疲れ様でした。